入稿から納品までをトータルプロデュース 静岡県浜松市の総合印刷会社 東海電子印刷

新着情報

PUR製本のススメ②【強固な接着力】編

2019.11.01

“印刷”という言葉で一括りにされがちな「製本」工程ですが、 製本を専門として行う会社も多数あり、製本技術も多種多様な進化を遂げています。

その中でも革命的な進化を遂げたのが、新型接着剤「PUR」を使用した製本です。

 

当社では積極的にPUR接着剤を使用した製本を勧めております。

それはPUR製本の持つ数々の魅力があるためです。

 

【PUR製本のススメ】第2回は、PUR製本の大きな特徴の一つである
「強固な接着力」について説明したいと思います。

 

皆様にもご経験は、ないでしょうか?
 

・本をもっと開こう、開いたまま固定しようとグイグイと押していたら、次第にページがバラバラと抜けた。

・キレイにコピーを取ろうと何度も本の背を押して開いていたら、中央のページから抜け落ちてしまった。

・ホッチキス綴じ(中綴じ)してある本のホッチキスが劣化していて、ページがバラバラと抜けた。

 

従来の製本用接着剤(ホットメルト)は大きく本を開こうとすると接着剤の剥がれが発生し、徐々に本が傷みます。結果、ページが抜けたり、表紙が外れたりします。

しかしPUR接着剤の場合、その強固な接着力により、開くたびに引っ張られるページをがっちり掴んで離さず、ホットメルトと同様のことが起こりにくくなります。

 

実際の引張り強度は、ホットメルトの2倍以上という数値が、当社の引張り強度試験の結果、出ております。

 

pur_hipparijikkenn

引張り強度試験用サンプル冊子:A4判変形(ヨコ 220 mm × タテ 294 mm)80ページ アートコート紙

 

  P6(表紙側)  

 P40(中央部分) 

 P76(裏表紙側) 

  平均強度   

 推奨強度 

 ホットメルト   19.3 kg  16.3 kg  25.3 kg  20.3 kg   0.7 kg/cm 
 PUR   55.0 kg  46.0 kg  39.9 kg  46.4 kg 1.6 kg/cm

 

 

 

 

↑      ↑      

実にホットメルトの2倍以上の数値が出ています。

 

この実験結果から見てもPUR接着剤を使って製本された本は、ページ抜けされにくく、結果 傷みにくいといえます。

 

これまでの製本仕様の中で、最も耐久性があるのは「糸かがり製本」だと言われてきました。特に強度が求められる出版物に関しては「糸かがり並製で製本」されているのが現状です。
これは従来の製本用接着剤(ホットメルト)のみでは耐久力に不安があり、それを補うために糸かがりの併用が必要だったためです。
しかし、「製本用接着剤(ホットメルト)」+「糸かがり」を行うということは製本工期が長くなったり、コスト高になったりなど、いろいろと課題があることから、近年見直しも進められております。

 

今まで糸かがり製本していたカタログやマニュアル、教科書や参考書あるいはノートなどこれを機会にPUR製本に変えてみませんか?

 

 次回はPURの最大の強み「よく開く」について説明したいと思います。(→PUR製本のススメ③【よく開く】編

 

詳細は各営業スタッフまでお問い合わせください。

下記でもお見積り等受付致します。

お問い合わせください。

 

←前回までの【PUR製本のススメ】はこちら

 

お問合せはこちら

 

 

T E L. 053-448-5711(代)

TOP

東海電子印刷株式会社    〒432-8051 静岡県浜松市南区若林町888-122 TEL: 053-448-5711(代) FAX: 053-448-5742(代)

Copyright (C) TOKAI DENSHI PRINTING co.,LTD. ALL Rights Reserved.